新電力

ダイレクトパワーは何がお得?料金プラン紹介します!

ダイレクトパワーとは

ダイレクトパワーは、

2019年春よりサービスをスタートした新電力会社です。

名前には「それぞれの需要家の皆様が、必要な時に、

必要な人に、必要なだけ直接電力を届ける」

という意味があります。

 

市場連動型プランという料金体系で、

30分毎に提供単価が変動する

JPEX(日本卸電力取引所)の仕入れ価格と

販売価格を連動させて仕入れ

価格で提供しているのが特徴です。

 

料金プランは「ダイレクトS」と

「ダイレクトM」があります、

一般家庭向けは「ダイレクトS」です。

また、大規模停電時でも非常時には

非常用電源として利用できます。

現在新規申込みを一時停止しています。

ダイレクトパワーの料金プラン

ダイレクトパワーの料金プランは、2つあります。

  • ダイレクトS
  • ダイレクトM

ダイレクトS

ファミリー世帯などの一般家庭向けの

お得なプランとなっています。

日中あまり電気を使われない家庭で

メリットのでやすい料金プランです。

電気料金は市場連動方なので常に変動しています。

 

料金表は変動するため

シミュレーションで確かめてください👇

シミュレーション比較公式ページ

ダイレクトM

電力使用量が多い商店、事務所、

飲食店に適したプランです。

たくさん電力を使う利用者や

深夜営業向けのプランです。

従量料金を市場価格で

提供する「市場連動型」料金プランです。

 

料金表は変動するため

シミュレーションで確かめてください👇

シミュレーション比較公式ページ

市場連動型とは

ダイレクトパワーの電気を買う費用は、

市場連動価格の料金体系を採用しています。

簡単に言うと電気を買う費用は30分ごとに変動し、

当日の価格はその前日に決まります。

そして、30分の電力使用量も一緒に計算されます。

詳しく説明すると

日本卸電力取引所(JEPX)の

スポット市場の価格に連動し、

この価格は30分ごとに決まります。

ある日の30分ごとの

市場価格は前日に決定されるため、

将来の価格は未確定でかかりません。

 

もちろん、自社で発電所を保有していたり、

発電事業者と直接契約をして

電気を仕入れる場合もありますが、

需要が多くなればなるほど、

JEPXからの仕入れに頼らざるを得ないです。

再生可能エネルギー発電促進賦課金

「再生可能エネルギー発電促進賦課金」とは、

太陽光・風力・水力などの

再生可能エネルギー発電を

普及することを目的に、

電力会社が再生可能エネルギーを

買い取る際の費用を利用者が

支払います。

 

料金は全国一律にkWhあたりの

単価が毎年国に定められます。

災害対策マンションにおすすめ

マンション居住者向けに

ダイレクトパワーサービスでは、

屋上に太陽光発電システムを設置した

集合住宅に住まいの

居住者様向けサービスがあります。

 

非常用電源が利用可能で

大規模停電時でも太陽光発電設備が

自立運転をしますので、非常時には

非常用電源として利用できます。

電力供給エリアは?

北海道電力・東北電力・東京電力

北陸電力・中部電力・関西電力

四国電力、中国電力・九州電力の

全国9つの電力エリアで利用できます。

支払方法は?

クレジットカード決済での

お支払いが可能です。

違約金や解約金

1年契約の自動更新です。

解約すると解約事務手数料として

2,000円かかります。

更新日から2ヶ月以内に

解約する場合は費用は発生しません。

ダイレクトパワーの評判・口コミ

口コミ評判ではあまり悪くも目立つような

口コミは見当たりませんでしたが

悪質な勧誘電話などもあること分かりました。

電話が掛かってきても真面目に対応せずに

電話を切ることをおすすめします。

ダイレクトパワーのメリット

ダイレクトパワーのメリットを紹介していきます。

市場連動型プランのメリット

市場連動型プランは、

市場価格が安い時間帯が続いた時は、

電気代を抑えることができます。

市場価格は日中の方が高くなりがちなので、

一人暮らしやファミリー世帯など、

日中は家に誰もいない

家庭でよりお得になりやすいです。

ダイレクトパワーサービス

ダイレクトパワーサービスは、

マンションなど屋上に

太陽光発電システムを設置した

集合住宅の利用者向けサービスです。

万が一の停電時でも

太陽光発電が自立運転するので、

非常用電源として利用することがきます。

また、太陽光発電で発電した電気は

環境に優しいので、サービスを利用することで

地球温暖化対策にもなります。

ダイレクトパワーのデメリット

ダイレクトパワーのデメリットを紹介していきます。

市場連動型プランのデメリット

価格の予想が難しくわかりづらいです。

電気を沢山使う時間帯は単価が高騰するため、

月によっては他社の料金より

高くなることがあります。

逆に単価が安定している

時間帯は安くなる傾向にあります。

解約金がある

解約すると解約事務手数料として

2,000円かかります。

更新日から2ヶ月以内に

解約する場合は費用は発生しません。

昼間自宅にいると料金が高くなる

昼間家にいて外出が少ないく

電気を多く使う家庭の場合は

高くなる傾向があります。

逆に人があまり利用していない

深夜は安くなることが多くなります。

まとめ

「市場連動型」にはメリットもデメリットあります。

市場連動性ということで時間などに

よって高くなる可能性もありますし、

安くなる可能性もあります。

日中自宅にいて電気を多く使う

家庭はお得にならないです。

 

料金体系が複雑なため

実際安くなっているのかが分かりづらいため、

どうしても安くしたい方には不向きかもしせません。

夜間に電気を多く使う方向けにおすすめ

太陽光発電があるマンション向けにおすすめ