新電力

ハルエネでんきのメリット・デメリット紹介!

ハルエネでんきとは

ハルエネでんきは、ハルエネでんきは株式会社ハルエネが運営している電気サービスです。

豊富な料金プランがあり自分にあったプランが見つけることができます。

特に法人やお店などの企業向けのプランが多く適したプランを見つけることができます。

「市場連動型」という特徴の料金体系で運営しています。

支払方法

クレジットカードか口座振替での決済となります。

手数料・解約金

契約事務手数料は3,780円、解約違約金はプランにより9,800円〜19,800円とかかります。

ハルエネでんきは市場連動型

市場連動型とは

ハルエネでんきの電気を買う費用は、市場連動価格の料金体系を採用しています。

簡単に言うと電気を買う費用は30分ごとに変動し、当日の価格はその前日に決まります。

そして、30分の電力使用量も一緒に計算されます。

市場連動型プランのメリット

市場連動型は、市場価格が安い状態が続いたときや、価格が安い状態のときに電気を使うことができれば、電気代は安くなります。

また、価格は日中の方が高くなりやすく、あまり家にいない一人暮らしや共働きの家庭などでは、メリットです。

市場連動型プランのデメリット

市場連動型はデメリットもあります、価格の予測が難しく管理がしづらいこと、価格が高騰した場合は電気代が高くなってしまします。

夏場などの電気をたくさん使う時期は単価が高騰する傾向にあるため、月によっては高くなることがあります。

ハルエネでんきの料金プラン

ハルエネでんきの料金プランは7つあります。
  • シンプルプランH/Q
  • 法人スマートプランH/Q
  • ハルエネ動力プランH/Q
  • 法人バリュープランH
  • 動力オフィスサポートプランH/Q
  • 動力店舗サポートプランH/Q
  • 店舗応援プランH/Q

シンプルプランH/Q

シンプルな電気料金でお得なプランとなっています。

法人スマートプランH/Q

事務所やお店に適したプランです。

ハルエネ動力プランH/Q

電力使用量が多い商店、事務所、飲食店に適したプランです。

たくさん電力を使う利用者向けのプランです。

業務用エアコンや、エレベーターなどの200Vの製品を使う企業におすすめです。

法人バリュープランH

電力使用量が多い商店、事務所、飲食店に適したプランです。

たくさん電力を使う利用者向けのプランです。

動力オフィスサポートプランH/Q

オフィスに適したプランです。

たくさん電力を使う利用者向けのプランです。

通常3980円のオプションサービスが2980円で利用できるプランです。

動力店舗サポートプランH/Q

商店、事務所、飲食店に適したプランです。

たくさん電力を使う利用者向けのプランです。

通常3980円のオプションサービスが2980円で利用できるプランです。

店舗応援プランH/Q

飲食店・美容院などの店舗を応援するプランです。

ハルエネでんきのメリット・デメリット

ハルエネでんきに切り替える前に、メリットとデメリットについても確認しておきましょう。

全ての方がお得になるプランとは限りません、自分のライフスタイルに合った電力を選んでください。

メリット・電気代が安くなる

ハルエネでんきは、電気料金が安くなるよう単価設定されています。

電気をたくさん使う人向けだとさらにお得です。

メリット・法人向けのプランが充実

法人向けの電気料金プランが充実しています。

お店や事務所などの多く電気を使う方には自分にあった安くなる料金プランを見つけることができます。

メリット・ガスとのセットプランある

ハルエネでんきは、ガスなどのセットプランがあります。

セットプランがあれば支払いも一つにでき、セットでさらにお得に契約できます。

デメリット・手数料や解約金がかかる

ハルエネでんきへ切り替える際の手数料はかかります。

解約の際も解約金が発生します。

出張などの電力の切り替えが多い方には向きません。

契約事務手数料は3,780円、解約違約金はプランにより9,800円〜19,800円とかかります。

デメリット・市場連動型なので高くなる場合もある

価格の予測が難しく管理がしづらく、価格が高騰した場合は電気代が高くなってしまします。

夏場などの電気をたくさん使う時期は単価が高騰する傾向にあるため、月によっては高くなることがあります。

デメリット・一人暮らしの電気料金は安くならない

電気の使用量が少ない一人暮らしにはお得になりづらくなっています。

使用量によって逆に高くなったり、変わらないケースがほとんどです。

最後に

ハルエネでんきは、法人や企業などの電力を多く使う方向けです。

法人やお店向けの料金プランが豊富で自分にあったプランを見つけやすいです。

初期事務手数料、違約金を考えるとあまりおすすめできず、多少は安くなる場合もありますが、契約するメリットは少ないでしょう。

市場連動型にはメリットもデメリットあります。

自分に合った利用をしないと電気代が高くなってしまうこともあるので事前に確かめてから利用してくだい。

また、評判や口コミでは多くの人の評判は悪いです。

事前に評判なども調べてから考えてみてください。

 

ハルエネでんきのもっと詳しい解説記事はこちらから👇