新電力

Looopでんきとピタでんの見るだけ簡単比較

Looopでんきの見るだけ簡単比較👇

Looopでんきとピタでんの見るだけ簡単比較

Looopでんきと東京ガス LooopでんきとENEOSでんき
Looopでんきとauでんき Looopでんきと親指でんき

 

今回はLooopでんきとピタでんを比較しながら、両社の料金プランの特徴について解説します。

面倒なシミュレーションや料金比較をしなくても、両社の違いがひと目でわかるようになるべくシンプルに説明します。

新電力について

新電力は、大手電力会社以外の新しい電力会社の事です。

大手電力は全国に10社あり、
電力自由化までは一般家庭の電力を供給していました。

新電力はだれでも選べます。

これまでは、電気はエリアごとに決められた電力会社と契約するしかなかったのが、電力自由化後は、自分のライフスタイルにあった電力会社を選べるようになりました。

 

料金プランの比較

 

一番気になるLooopでんきとピタでんの料金プランの比較をしていきます。

東京電力エリア

東京電力エリア ひとり暮らし30A・200kWh(4月) 4人家族50A・500kWh(4月)
Looopでんき 5,012円
12,530円
ピタでん 4,874円
-138円安い
12,185円
-345円安い

 

Looopでんきの基本料金は契約容量にかかわらず無料、従量料金は一本単価の従量課金制プランになります。

ピタでんの基本料金は契約容量にかかわらず無料、従量料金は一本単価の従量課金制プラン「使った分だけプラン」と基本料金は500kWhまで定額料金制、従量料金は一本単価の従量課金制の「使いたい放題プラン」があります。

※2021年4月時点の料金比較

 

ひとり暮らしと4人家族ともにピタでんが安いです。

電力量が多いほど電気代がお得になることがわかります。

中部電力エリア

中部電力エリア ひとり暮らし30A・200kWh(4月) 4人家族50A・500kWh(4月)
Looopでんき 4,827円 12,069円
ピタでん 4,690円
-137円安い
11,725円
-344円安い

 

Looopでんきの基本料金は契約容量にかかわらず無料、従量料金は一本単価の従量課金制プランになります。

ピタでんの基本料金は契約容量にかかわらず無料、従量料金は一本単価の従量課金制プラン「使った分だけプラン」と基本料金は500kWhまで定額料金制、従量料金は一本単価の従量課金制の「使いたい放題プラン」があります。

※2021年4月時点の料金比較

 

ひとり暮らしと4人家族ともにピタでんが安いです。

電力量が多いほど電気代がお得になることがわかります。

関西電力エリア

関西電力エリア ひとり暮らし200kWh(4月) 4人家族500kWh(4月)
Looopでんき 4,844円
12,110円
ピタでん 4,682円
-162円安い
11,705円
-405円安い

 

Looopでんきの最低料金は契約容量にかかわらず無料、従量料金は一本単価の従量課金制プランになります。

ピタでんの最低料金は契約容量にかかわらず無料、従量料金は一本単価の従量課金制プラン「使った分だけプラン」と最低料金は500kWhまで定額料金制、従量料金は一本単価の従量課金制の「使いたい放題プラン」があります。

※2021年4月時点の料金比較

 

ひとり暮らしと4人家族ともにピタでんが安いです。

電力量が多いほど電気代がお得になることがわかります。

\公式サイトはこちらから👇/

Looopでんき

ピタでん

Looopとピタでんの違い

 

Looopでんきとピタでんの違いについて紹介していきます。

Looopでんき ピタでん
基本料金 なし なし
プランの種類 ・おうちプラン
(一般家庭向け電灯契約メニュー)
・ビジネスプラン
(事業所向け電灯契約メニュー)
・動力プラン
(事業所向け低圧電力)
・スマートタイムプラン
(オール電化住宅向けプラン)
・再エネどんどん割
(北海道限定プラン)
・使いたい放題
(一般家庭向け電灯契約メニュー)
・使った分だけ
(一般家庭向け電灯契約メニュー)
ガスセットプラン あり なし
解約違約金 なし 1年内の解約で2000円
見える化 あり あり
支払い方法 クレジットカードのみお支払いできます クレジットカードのみお支払いできます
駆けつけサービス 東京電力管内のみ
出張費、60分以内の作業費用が無料です
なし

 

サービス面ではピタでんの方がLooopでんきより少し劣っています。

駆けつけサービスが無かったり、1年内に解約してしまうと解約金2000円がかかりLooopでんきの方が利用しやすくなっています。

 

Looopとピタでんのメリット・デメリット

 

次にLooopでんきとピタでんのメリット・デメリットの比較をしていきます。

Looopでんき ピタでん
メリット
  • 基本料金無料
  • 料金プランはシンプルでわかりやすい
  • セットプランが豊富
  • 解約金・違約金がない
  • 基本料金無料
  • 料金プランはシンプルでわかりやすい
デメリット
  • ポイントがない
  • 支払いはクレジットカードのみ
  • セットプランがない
  • 解約金がある

 

Looopでんきとピタでんともにメリットが多く契約しやすくなっています。

しかし、ピタでんの方が少し劣っています。

料金プランはシンプルで選びやすくなっていますがガスセットなどのセットプランがありません。

また、1年内に解約すると解約金が2000円がかかります。

 

比較してわかったこと

 

最後にLooopでんきとピタでんついてまとめます。

Looopでんき

料金はピタでんの方が安いです。

しかし、サービス面ではメリットが多く利用しやすくなっています。

解約時の違約金が掛からないなどの切り替えの際のメリットもあります。

一人暮らしの場合には大手電力よりも高くなることもあるので注意が必要です。

\公式サイトはこちらから👇/

Looopでんき

ピタでん

料金はシンプルに安い結果でした。

ピタでんはプランは2種類あります。

ピタでん使いたい放題は毎月定額料金で利用できるプランです。

4人以上で毎月500kWh以上使っている家庭におすすめです。

ピタでん使った分だけは基本料金が0円のプランです。

電力量を使った分だけ支払いできます。

しかし、サービス面では少し利用しづらくなっています。

セットプランがなかったり、解約金がかかるなどがあげられます。

\公式サイトはこちらから👇/

ピタでん