新電力

Looopでんきとスマ電の見るだけ簡単比較

Looopでんきの見るだけ簡単比較👇

Looopでんきとスマ電の見るだけ簡単比較

Looopでんきと東京ガス LooopでんきとENEOSでんき
Looopでんきとauでんき Looopでんきと親指でんき

 

今回はLooopでんきとスマ電を比較しながら、両社の料金プランの特徴について解説します。

面倒なシミュレーションや料金比較をしなくても、両社の違いがひと目でわかるようになるべくシンプルに説明します。

新電力について

新電力は、大手電力会社以外の新しい電力会社の事です。

大手電力は全国に10社あり、
電力自由化までは一般家庭の電力を供給していました。

新電力はだれでも選べます。

これまでは、電気はエリアごとに決められた電力会社と契約するしかなかったのが、

電力自由化後は、自分のライフスタイルにあった電力会社を選べるようになりました。

 

料金プランの比較

 

一番気になるLooopでんきとスマ電の料金プランの比較をしていきます。

東京電力エリア

東京電力エリア ひとり暮らし30A・200kWh(4月) 4人家族50A・500kWh(4月)
Looopでんき 5,012円 12,530円
スマ電 5,030円
-18円安い
12,481円
-49円安い

 

Looopでんきの基本料金は契約容量にかかわらず無料、従量料金は一本単価の従量課金制プランになります。

スマ電の基本料金は契約容量にかかわらず無料、従量料金は一本単価の従量課金制プランになります。

※2021年4月時点の料金比較

 

ひとり暮らしと4人家族ともに料金の差はそこまで開きませんでした。

Looopでんきの方が安くなりましたが使い方によってはスマ電の方が安くなります。

中部電力エリア

中部電力エリア ひとり暮らし30A・200kWh(4月) 4人家族50A・500kWh(4月)
Looopでんき 4,827円 12,069円
-412円安い
スマ電 4,630円
-197円安い
12,481円

 

Looopでんきの基本料金は契約容量にかかわらず無料、従量料金は一本単価の従量課金制プランになります。

スマ電の基本料金は契約容量にかかわらず無料、従量料金は一本単価の従量課金制プランになります。

※2021年4月時点の料金比較

 

ひとり暮らしとはスマ電が安いです。

4人家族になるとLooopでんきが安くなってきます。

電力量が多いほど電気代がお得になることがわかります。

関西電力エリア

関西電力エリア ひとり暮らし200kWh(4月) 4人家族500kWh(4月)
Looopでんき 4,844円 12,110円
-953円安い
スマ電 4,894円
-50円安い
13,063円

 

Looopでんきの最低料金は契約容量にかかわらず無料、従量料金は一本単価の従量課金制プランになります。

スマ電の最低料金は契約容量にかかわらず無料、従量料金は一本単価の従量課金制プランになります。

※2021年4月時点の料金比較

 

ひとり暮らしの場合はスマ電がやすいですが4人家族になるとLooopでんきの方が安くなります。

\公式サイトはこちらから👇/

Looopでんき

スマ電

Looopとスマ電の違い

 

Looopでんきとスマ電の違いについて紹介していきます。

Looopでんき スマ電
基本料金 なし なし
プランの種類 ・おうちプラン
(一般家庭向け電灯契約メニュー)
・ビジネスプラン
(事業所向け電灯契約メニュー)
・動力プラン
(事業所向け低圧電力)
・スマートタイムプラン
(オール電化住宅向けプラン)
・再エネどんどん割
(北海道限定プラン)
・ゼロ得ひるプラン
(一般家庭向け電灯契約メニュー)
・ゼロ得よるプラン
(一般家庭向け電灯契約メニュー)
・ホームプラン
(一般家庭向け電灯契約メニュー)
ガスセットプラン あり なし
解約違約金 なし なし
見える化 あり あり
支払い方法 クレジットカードのみお支払いできます クレジットカードや口座振替でお支払いできます
駆けつけサービス 東京電力管内のみ
出張費、60分以内の作業費用が無料です
なし

 

サービス面ではスマ電の方がLooopでんきより少し劣っています。

駆けつけサービスやガスセットなどのセットプランなどがないためLooopでんきの方が利用しやすくなっています。

スマ電のプレミアムオプションは、2年未満の解約の場合は、1,200円(税込)の解約金が必要です。

 

Looopとスマ電のメリット・デメリット

 

次にLooopでんきとスマ電のメリット・デメリットの比較をしていきます。

Looopでんき スマ電
メリット
  • 基本料金無料
  • 料金プランはシンプルでわかりやすい
  • セットプランが豊富
  • 解約金・違約金がない
  • 基本料金無料
  • 料金プランはシンプルでわかりやすい
  • 時間帯によってお得なプランがある
  • 解約金・違約金がない
デメリット
  • ポイントがない
  • 支払いはクレジットカードのみ
  • セットプランがない
  • ポイントがない
  • 駆けつけサービスがない

 

Looopでんきとスマ電ともにメリットが多く契約しやすくなっています。

スマ電の昼間、夜間にお得になるプランがあります。

料金プランはシンプルで選びやすくなっていますがガスセットなどのセットプランがありません。

また、万が一のトラブルの際に便利な駆けつけサービスなどもありません。

 

比較してわかったこと

 

最後にLooopでんきとスマ電についてまとめます。

Looopでんき

料金はあまり差は無く地域によっては安くなります。

サービス面ではメリットが多く利用しやすくなっています。

駆けつけサービスなどの便利なサービスがいつでも利用できます。

解約時の違約金が掛からないなどの切り替えの際のメリットもあります。

一人暮らしの場合には大手電力よりも高くなることもあるので注意が必要です。

\公式サイトはこちらから👇/

Looopでんき

スマ電

料金はシンプルに安い結果でした。

昼間、夜間に利用できるプランがあり時間帯によって決まっているためお得になります。

サービス面では少し利用しづらくなっています。

また、セットプランがなかったり、駆け付けサービスがないなどもあげられます。

\公式サイトはこちらから👇/

スマ電