新電力

まちエネとENEOSでんきの見るだけ簡単比較

まちエネの見るだけ簡単比較👇

まちエネとENEOSでんきの見るだけ簡単比較

 

今回はLooopでんきとENEOSでんきを比較しながら、両社の料金プランの特徴について解説します。

面倒なシミュレーションや料金比較をしなくても、両社の違いがひと目でわかるようになるべくシンプルに説明します。

新電力について

新電力とは、大手電力会社以外の新しい小売電気事業者の事を指します。
大手電力は全国に10社あり、電力自由化までは一般家庭の電力を供給していました。

今はどなたでもお好きな電力会社を選ぶことができます。

これまでは、電気はエリアごとに決められた電力会社と契約するしかなかったのが、
電力自由化により、自分のライフスタイルにあった電力会社を選べるようになりました。

 

 

料金プランの比較

 

それでは、まちエネとENEOSでんきの料金プランを比較してみましょう。

東京電力エリア

東京電力エリア ひとり暮らし30A・200kWh 4人家族50A・500kWh
まちエネ 4,880円
-58円安い
12,712円
-94円安い
ENEOSでんき 4,938円 12,806円

 

まちエネは基本料金と3段階の電力量単価で構成される従量料金プランになります。

ENEOSでんきは基本料金と3段階の電力量単価で構成される従量料金プランになります。

※2021年4月時点の料金比較

 

ひとり暮らしと4人家族ともにまちエネの方がお得です。

中部電力エリア

中部電力エリア ひとり暮らし30A・200kWh 4人家族50A・500kWh
まちエネ 4,760円
-129円安い
11,857円
-701円安い
ENEOSでんき 4,889円 12,558円

 

まちエネは基本料金と3段階の電力量単価で構成される従量料金プランになります。

ENEOSでんきは基本料金と3段階の電力量単価で構成される従量料金プランになります。

※2021年4月時点の料金比較

 

ひとり暮らしと4人家族どちらも、まちエネの方が安いです。

電力量が多いほど電気代がお得になることがわかります。

関西電力エリア

関西電力エリア ひとり暮らし200kWh 4人家族500kWh
まちエネ 4,736円
12,723円
-282円安い
ENEOSでんき 4,700円
-36円安い
13,005円

 

まちエネは最低料金と3段階の電力量単価で構成される従量料金プランになります。

ENEOSでんきは最低料金と3段階の電力量単価で構成される従量料金プランになります。

※2021年4月時点の料金比較

 

ひとり暮らしではENEOSでんきが安いです。

4人家族になると、まちエネの方が安くなります。

 

\公式サイトはこちらから👇/

 まちエネ 

ENEOSでんき

 

まちエネとENEOSでんきの違い

 

まちエネとENEOSでんきの違いについて紹介していきます。

まちエネ ENEOSでんき
基本料金 あり あり
プランの種類 ・きほんプラン
(一般家庭向け電灯契約メニュー)
・かんたんプラン
(一般家庭向け電灯契約メニュー)
・低圧電力きほんプラン
(事業所向け低圧電力)
・CO2フリープラン
(CO2ゼロの電気を使いたい方向け)
・毎晩充電し放題!プラン
(EV・PHEV新規ご購入者向け)
・Vプラン
(一般家庭向け電灯契約メニュー)
・Aプラン
(一般家庭向け電灯契約メニュー)
・Bプラン
(一般家庭向け電灯契約メニュー)
・Cプラン
(一般家庭向け電灯契約メニュー)
・動力プラン
(事業所向け低圧電力)
ガスセットプラン なし あり
解約違約金 なし なし(一部あり)
見える化 なし あり
支払い方法 クレジットカードまたは口座振替でお支払いできます クレジットカードまたは口座振替でお支払いできます
駆けつけサービス なし 電気のトラブルが無料です

 

サービス面ではENEOSでんきと比較すると、まちエネの方はやや劣っています。

まちエネは電気トラブル駆けつけサービスやガスセットなどのセットプランがありません。

【参考サイト】

  1. まちエネを申込む前に! 注意点と評判をチェック!
  2. まちエネの口コミは本当?デメリット・電気料金・ポンタ還元を解説
  3. まちエネの電気料金プランと特徴・評判

 

まちエネとENEOSでんきのメリット・デメリット

 

次にまちエネとENEOSでんきのメリット・デメリットの比較をしていきます。

まちエネ ENEOSでんき
メリット ・料金プランはシンプルでわかりやすい
・プランが豊富
・解約金・違約金がない
・キャンペーンがある
・ポイントが貯まる
・口座振替でも支払いできる
・ポイントがたまる
・解約金・違約金がない
・キャンペーンがある
・口座振替でも支払いできる
デメリット ・セットプランがない
・駆けつけサービスがない
・供給エリアが限定される(全国5電力エリア)
・沖縄では利用できない
・2年契約の場合は解約金がある

 

まちエネとENEOSでんきともにメリットが多く契約しやすい内容です。

まちエネは料金プランはシンプルで選びやすいものの
駆けつけサービスやガスセットなどのセットプランはありません。
 

 

比較してわかったこと

 

最後にまちエネとENEOSでんきについてまとめます。

まちエネ

ガスと電気のセットプランや駆けつけサービスなどはなく
サービス面では少し利用しづらい点もあります。

ただ、電気料金は安く、解約時の違約金が掛からないなど
一人暮らしからファミリー層までお得に利用できます。

  • Pontaポイントが貯まる
  • 毎月ローソンで使えるクーポン券が届く
  • 売り上げの一部がローソン緑の基金に寄付され環境保全に

\公式サイトはこちらから👇/

 まちエネ 

ENEOSでんき

ENEOSでんきは基本料金3ヶ月無料などのキャンペーンを行っているのではじめやすくなっています。
また、2年契約を選んだ場合解約金がかかってしますので契約の際は注意が必要です。

料金面では1人暮らしにはお得ですが、使用量が多い家庭ではあまりお得ではないことも。
電気代を払うとポイントなども貰えますが大したお得にはなりません。

  • ポイントが貯まる
  • 全国に発電所を保有しており安定供給できる
  • ガスと電気をセットにまとめて契約できる

\公式サイトはこちらから👇/

ENEOSでんき