新電力

自然電力のでんきはどんな電力会社か調べてみました

自然電力のでんきとは?

自然電力のでんきは、自然電力株式会社が

運営している電力会社です。

供給している電力は太陽光発電や水力発電といった、

環境に優しい自然電力を利用して発電しています。

また、全国60箇所に自社発電所を保有しており、

自然電力グループが作った発電所から

発電した電気を利用しています。

 

今現状では、すべての電力発電を

自社で補うことができていません。

去年データで2018年5月の

電源構成:太陽光31%、日本卸電力取引所52%、

他社からの購入17%となっていて、

日本卸電力取引所や他社からの

購入で電力を供給しています。

 

ちなみに、日本卸電力取引所や他社から

購入した電力もちろんすべて再生可能エネルギーを

利用して発電されたものを選んで購入しています。

また、原発は使わないので

原発反対の人からも高い評価を受けています。

 

自然電力のでんきの料金プラン

自然電力のでんきは「自然エネルギー」の3つのプランを提供しています。

  • 「SE100プラン」100%自然エネルギーを利用しているプラン
  • 「SE30プラン」30%自然エネルギーを利用しているプラン
  • 「SEデビュープラン」電気代の1%が自然エネルギーを増やす環境貢献に使われるプラン

SE100プラン

SE100 - Shizen Energy 100%

「SE100プラン」は100%自然エネルギーの

太陽光発電や風力発電といった

環境に優しい電力のみ利用しているため

若干SE30プランより料金は少し高いです。

SE30プラン

SE30 - Shizen Energy 30%

「SE30プラン」は30%の自然エネルギーの

電気を利用できるプランです。

SE100プランより料金は少し安くなり

自然エネルギーも料金も

こだわり安くしたい人にはこちらがおすすめです。

SEデビュープラン

SE Debut - Shizen Energy debut

「SEデビュープラン」は

使用電力量に対しての3%が

自然エネルギーを増やす環境貢献に

使われるプランで電気代を抑えたいけど

自然エネルギーに貢献したい人に

おすすめのプランとなっています。

料金体系の仕組み

自然電力のでんきの料金体系は他社とは異なります。

基本的な仕組みは主に5つに分けられています。

基本料金 契約電流に応じた料金
従量料金 エリアごとの単価×使用量
事業を行う費用 プランごとの単価×使用量
電気を買う費用  30分毎の市場価格×30分毎の使用量
再生可能エネルギー発電促進賦課金  年後ごとの単価×使用量

上記の料金をまとめて

支払う形となっています。

そして、さらに細かなことを

詳しく説明して行きます。

電気を送る費用

電気を送る費用は、

基本料金と従量料金のとこをいいます。

送配電事業者の送配電ネットワークを

利用して電気を送る料金のことで、

一般的には「託送料金」と呼ばれています。

東京エリア 契約種別 単位 料金単価
基本料金 実量契約 1kWにつき 214.50 円
SB・主開閉器契約 10Aまたは1kVAにつき 143.00 円
従量料金 実量契約 1kWhにつき 7.45 円
SB・主開閉器契約

事業を行う費用

事業を行う費用は、「自然電力のでんき」の

サービスを提供し続けていくための

事業運営費のことです。

また、非化石証書も含まれます。

従量料金は全国一律になっていて

1kWhにつきの料金単価となっています。

プラン 単位 料金単価
従量料金 SEデビュー 1kWhにつき 4.00 円
SE30 4.40 円
SE100 5.40 円

電気を買う費用

「自然電力のでんき」の電気を買う費用は、

市場連動価格の料金体系を採用しています。

簡単に言うと電気を買う費用は30分ごとに変動し、

当日の価格はその前日に決まります。

そして、30分の電力使用量も一緒に計算されます。

詳しく説明すると「自然電力のでんき」の

電力調達費は、日本卸電力取引所(JEPX)の

スポット市場の価格に連動し、

この価格は30分ごとに決まります。

ある日の30分ごとの

市場価格は前日に決定されるため、

将来の価格はわからないです。

再生可能エネルギー発電促進賦課金

「再生可能エネルギー発電促進賦課金」とは、

再生可能エネルギー発電を普及や拡大させ

再生可能エネルギーを買い取る費用を

利用者が毎月の電気料金と

あわせて支払われています。

料金は全国一律にkWhあたりの

単価が毎年国に定められ、

単価をご家庭の電気使用量(使用電力量)に

掛けた額が毎月の電気代に含まれます。

期間 単位 料金単価
再エネ賦課金 2017年5月分から2018年4月分 1kWhにつき 2.64 円
2018年5月分から2019年4月分 2.90 円
2019年5月分から2020年4月分 2.95 円
2020年5月分から2021年4月分 2.98 円

電力供給エリアは?

北海道電力エリア、東京電力エリア、東北電力エリア、

中部電力エリア、北陸電力エリア、関西電力エリア、

中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリア、

の全国9つの電力エリアで利用できます。

支払方法は?

クレジットカードでの

支払いが可能です。

違約金や解約金

違約金解約金はありません。

ガスとのセットプランは?

ガスセットプランなどの

セットプランはありません。

自然電力のでんきの評判・口コミ

ツイッターで評判を調べてみました。

良い口コミを見てみると、

電気代がシンプルに安くなったことがわかります。

電気代が変わらない人もみられました。

電気代だけでなく環境にも

配慮した方にはおすすめみたいです。

逆に高くなった方もいました

料金は季節だけでなく

地域にも影響されます。

まとめ

環境に配慮したい人には

おすすめの電力会社となっていますが、

料金体系が複雑なため

実際安くなっているのかが分かりづらいです。

  • 100%自然エネルギーを利用した電力会社
  • 解約金・違約金がない
  • 料金プランが3種類

自然電力のでんき