太陽光発電

ソーラーリーシング(ジャパン電力)なら太陽光発電を無料で設置でき電気代が下がる!

「太陽光発電はしたいけど初期費用が高かったりどうすればいいのかわからない」

そんな悩みをしている人がいると思います。

ですが実は、太陽光発電設備を

無料で設置できる方法があります。

ジャパン電力とは

ジャパン電力の運営元の株式会社アンフィニは

メガソーラーやバイオマスなどの

電源開発を積極的に行っており、

そこで発電された電力やその他の

契約発電所のFIT電気を提供しています。

 

また、国内最大級のソーラーパネルメーカー生産工場を

運営しており、沖縄を除く全国で

低圧電力の小売り販売も手掛けています。

ジャパン電力に関する記事はこちら

ジャパン電力の特徴

ジャパン電力を契約するにあたり

条件がいくつかあります。

4KW以上のパネルが設置できる面積が必要です。

そして、10年間はジャパン電力との

契約が条件です。

 

途中解約すると太陽光発電の買取などの

費用がかかってしまします。

他にも、1983年以降に建てられた家で

ソーラーパネルの設置面が北側以外で

取り付けられることです。

 

万一の故障とか雨漏りなどのトラブルが生じた場合

10年間はジャパン電力が無償で修理を行います。

ソーラーリーシングとは

太陽光発電設備の初期費用や

太陽光パネルのメンテナンス費用を

すべて負担するサービスです。

 

無料で設置できるためには、

設置条件として3っの条件があげられます。

  • ソーラーパネルの設置に適した場所である
  • ジャパン電力と10年間の電力供給契約をする
  • 発電施設にネット回線を利用する

上記の3つが設置の際は必要となります。

思いのほかどの条件も

そこまで難しいものではないので

はじめやすくなっています。

 

条件が合えば自宅の屋根にも

無料で太陽光パネルを取り付けて

はじめは、ジャパン電力から電力を安く利用できます。

そして、10年後には無償で太陽光パネルがもらえます。

 

このようなメリットが多くあります。

ですが、注意してほしいことがあります。

太陽光パネルは10年間メンテナンス費用は

自己負担となります。

 

10年後も当たり前ですが自己負担になります。

設置の際はメンテナンスのことも必要なので考えてみてください。

最後に

  • ソーラーパネルの設置に適した場所である
  • ジャパン電力と10年間の電力供給契約をする
  • 発電施設にネット回線を利用する

上記の条件をクリア出来れば

初期費用ゼロで始められて自社で設計・提案・供給を

行っているので安心して利用できます。

 

また、災害時には停電に対する

予備電源としての使用が可能なので、

緊急時の備えとしても利用できます。

 

これから太陽光発電を始めたいと考えている方は

ぜひ参考にしてみてください。